【キャロット2021年度募集馬考察】シーザリオの20

始めに

本企画では、血統研究家としての視点から注目の一口クラブ募集馬について紹介する。

紹介馬は「私がその馬に出資したいか」を基準に選定している。「血統(配合)」が優れていることを大前提として、「募集価格」「厩舎」「生産・育成牧場」「測尺」などの要素から最終的な判断を下す。

なお、馬体関係の視覚情報については、基本的に気にしないこととしている。ウォーキング動画や1歳時点の立ち姿だけでその良し悪しを判断できるほど相馬眼が肥えておらず、下手に情報を追加するとノイズになりかねないためである。ご承知頂きたい。

今回はキャロットクラブ2021年度募集馬から、シーザリオの20を紹介する。私自身キャロットクラブに入会しているため、本企画で紹介する馬は応募予定馬である。読者諸賢に於いては、考察部分について参考にしつつ、私の抽選突破のためにどうか応募を控えて頂きたい。

基本情報

父:ロードカナロア 母父:スペシャルウィーク

厩舎:国枝栄(美浦) 生産:ノーザンファーム

募集価格:7,000万円(一口17.5万円)

考察

父ロードカナロアはスプリンターズS・高松宮記念のスプリントGⅠ春秋制覇。それに飽き足らず、世界最高峰の短距離馬が集うGⅠ香港スプリント(T6F)を連覇し、名実ともに最強スプリンターとして現役を全うした。

ロードカナロア自身の配合は、5代内クロスがNorthern Dancer5×5×4のみというシンプルな形。注目すべきは母レディブラッサムの持つ「Secretariat=Syrian Sea3×4」である。米三冠全てをレコード勝ちした歴史的名馬Secretariatは父系としては衰退したが、Storm Cat・A.P. Indyなどを通じ、今なお現代競馬に大きな影響を与えている。その本質は「Nasurullah×Princequillo」のニックスによる、しなやかに伸びるストライド走法と、軽い芝・長い直線での鋭い斬れ味。その血脈が全姉弟クロスによって凝縮されたレディブラッサム。繁殖として優秀であるのは言うまでもない。更に、その母サラトガデューはNorthern Dancerを引かないので、そこにNorthern Dancer4×4のキングカメハメハを配し、「4分の3ND・4分の1異系」の形を作り出しているのも美しい。

種牡馬としても、2017年フレッシュリーディングサイアー獲得、2020年にはディープインパクトに次ぐ2位と大成功。現役実績からは短距離での活躍が予想されたが、芝・ダート・短距離~長距離と条件を問わず重賞馬を輩出するオールマイティな活躍を見せている。母の適性をそのまま活かす素直さはその父キングカメハメハ譲り。特に、母フサイチパンドラ(エリザベス女王杯制覇)からアーモンドアイ、母シーザリオ(日米オークス制覇)からサートゥルナーリアなど、母中長距離実績馬との配合でクラシックホースを輩出している点は覚えておきたいポイントである。

母シーザリオは優駿牝馬・米GⅠアメリカンオークス(T10F)制覇、桜花賞2着。

シーザリオ牝系についてはいずれ牝系解説記事を書く予定なので、ここでは軽く触れる程度に留めるが、エピファネイア・リオンディーズ・サートゥルナーリアと3頭のGⅠ馬を輩出、その他兄姉も含め10頭出走して9頭勝ち上がり、唯一未勝利に終わったロザリンドも繁殖としてオーソリティを輩出するなど、現代日本競馬を代表する一大牝系である。

本馬の配合でまず目に付くのは「Nureyev≒Sadler’s Wells5×3」。これはNureyev≒Sadler’s Wells=Fairy Kingの相似クロスとして、ロードカナロア産駒のGⅠ馬3頭に共通する。パワーを主とした全体能力の底上げをもたらす黄金配合である。

また、三代母父Habitatを経由して、「Secretariat=Syrian Sea≒Sir Gaylord5×6×5」の相似クロスも併せ持つ点も大きな特徴。これによって、ロードカナロアの短距離馬らしからぬ柔らかさを累進し、芝大箱向きの斬れ味を増幅する。

これら二つの相似クロスから、府中の長い直線をしなやかに差し切り、母娘オークス制覇を成し遂げる姿まで思い描くことが出来た。

私が提唱する「シーザリオ3周期説」についても紹介しておく。シーザリオの産駒は初仔のトゥエルフスナイトから始まり、本馬が競走馬登録されると12頭目となる。その内、現時点でGⅠを制した産駒は、3頭目のエピファネイア、6頭目のリオンディーズ、9頭目のサートゥルナーリアの3頭。丁度3の倍数の周期で大物を輩出しているのだ。では12頭目は……?

国枝師はアーモンドアイ・アパパネと二頭の三冠牝馬を育てた名伯楽。毎年リーディング上位に名を連ね、クラブ預託厩舎としても最上級の位置付けである。ただし、実はノーザンファーム系クラブとの相性が良い訳ではなく、現在までの重賞勝ちは1頭のみ(その1頭が三冠牝馬なのだが)。特にキャロットとの相性は最も悪く、勝馬率31.5%(6頭/19頭)は3クラブ中最低(サンデー61%・シルク44%)と、預託頭数や預託馬の募集額から考えると寂しい成績。「個人馬主偏重厩舎と言えば、西の友道、東の国枝」として個人的にはスルー推奨厩舎となっている。王道路線向きの牝馬なのが救いと言えば救いか。

総評

昨年の「とびだせ とねっ仔」を見た瞬間から「今年はバツを獲り、来年の最優先権でこの馬に」と決めていた馬。母シーザリオの死で本馬がラストクロップとなり、決意を完全に固めたところで、まさかのスルー推奨厩舎。今年のキャロットはGⅠ級の好配合馬が数多く存在する当たり年と睨んでいるだけに、他の馬に最優先権を使うか相当悩んだ。だが、ここを逃せばシーザリオ直仔に出資できる機会は永遠に失われることになる。Our Blood制度を考慮すれば、仮に競走馬として大成しなかったとしても、シーザリオ牝系の母馬優先権を持つことには大きな意味がある。目先の勝ちよりも今後の一口馬主人生を優先し、初志貫徹、今年の最優先権はこの馬に使うこととした。

…ここまで走らない前提で書いてしまったが、当然競走馬として走ってくれるに越したことはない。本馬のポテンシャルからすれば厩舎3頭目の三冠牝馬になる可能性も決して低くはないはずである。何卒。

(追記)一次中間発表では暫定一番人気。皆考えることは同じか。バツ1の身分なのでノーチャンスということは流石にないだろう。このまま突っ張る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。