【キャロット2021年度募集馬考察】エクストラペトルの20

始めに

本企画では、血統研究家としての視点から注目の一口クラブ募集馬について紹介する。

紹介馬は「私がその馬に出資したいか」を基準に選定している。「血統(配合)」が優れていることを大前提として、「募集価格」「厩舎」「生産・育成牧場」「測尺」などの要素から最終的な判断を下す。

なお、馬体関係の視覚情報については、基本的に気にしないこととしている。ウォーキング動画や1歳時点の立ち姿だけでその良し悪しを判断できるほど相馬眼が肥えておらず、下手に情報を追加するとノイズになりかねないためである。ご承知頂きたい。

今回はキャロットクラブ2021年度募集馬から、エクストラペトルの20を紹介する。私自身キャロットクラブに入会しているため、本企画で紹介する馬は応募予定馬である。読者諸賢に於いては、考察部分について参考にしつつ、私の抽選突破のためにどうか応募を控えて頂きたい。

基本情報

父:リアルスティール 母父:キングカメハメハ

厩舎:加藤征弘(美浦) 生産:社台コーポレーション白老ファーム

募集価格:2,000万円(一口5.0万円)

考察

父リアルスティールはUAEGⅠドバイターフ(T9F)制覇。全4勝を芝1800㍍で挙げるという特殊な距離適性の所為か、国内GⅠ制覇は終ぞ叶わなかった。とはいえ、皐月賞・菊花賞・天皇賞(秋)で2着、更にそれぞれの勝ち馬がドゥラメンテ・キタサンブラック・モーリスだったことを考えると、「時代が悪かった」と言いたくなる。

リアルスティール自身は、「ディープインパクト×Storm Cat」の黄金配合。この配合は、Alzao≒Storm Cat(Northern Dancer、Sir Gaylord≒Secretariat、Attica≒First Rose)を根拠にしなやかさを強調する。ただしリアルスティールに発現したのは、どちらかと言えばそれ以外の部分である。血統表の残り4分の1となる二代母MonevassiaはKingmamboの全妹。絶対的マイル女王Miesqueから紡がれるパワーとピッチ走法が強く出たため、中山内回りをロスなく捲ることが出来た。

種牡馬としては現1歳世代が初年度産駒となる。「ディープインパクト×Storm Cat」的しなやかさを伝えるのか、「Miesque~Kingmambo」的パワーピッチを伝えるのかは、どの部分を刺激するか次第だろう。いずれにせよ、自身の五代血統表内に悪さをする血が一切無い、完璧な配合を持つ種牡馬であることは疑いようがない。個人的にはディープインパクト後継種牡馬筆頭として期待を寄せている。

母エクストラペトルは中央1勝(ダート1700㍍)。その全兄フィフスペトルは函館2歳S・京成杯AHを制し、朝日杯FS・マイルCS2着。

三代母Lilac GardenはNashua≒Nantallah3×3、二代母ライラックレーンはNever Bend≒Nanticious3×3・Nijinsky3×3、母エクストラペトルはNijinsky6×4×4・Never Bend6×4と代々濃いクロスを継ぎ足している。

本馬の配合のポイントは、「Monevassia=Kingmambo3×3」。リアルスティールの配合を見たときに誰もが思いつく全兄妹クロスだが、やはりここに惹かれてしまうのが血統研究家の性。父をパワーマイラーに寄せた配合で、中山芝マイルを捲る姿を思い描ける。

加藤師は毎年リーディング20~30位付近につける中堅厩舎。代表馬がブレーヴハートノンコノユメということから察しがつくようにクラシック路線での活躍はほぼ無いが、条件戦で堅実に結果を残している。クラブ相性は比較的良好で、勝馬率66.7%(14頭/21頭)は水準以上。現役馬でも、ヴェスターヴァルト・ラティーンセイルが上級条件で活躍中。本馬の母やその兄で結果を出している点も悪くない。

総評

前述の通り濃いクロスを継続してきた牝系に更にクロスを重ねる形になり、更にNorthern Dancerの逃げ道も無いので、お世辞にも美しい血統表とは言えない。しかし、それでも一発を期待したくなってしまうのが「リアルスティール×キングカメハメハ」なのだと声を大にして言いたい。この価格であれば全く走らなかったとしても諦めが付く。流石に優先で埋まることは無いと思うので、一般枠で応募しておきたい。

(追記)一次中間発表で上がってしまったので、おそらく一般枠ではノーチャンスだろう。ご縁がなかったということで素直に見送り予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。