【キャロット2021年度募集馬考察】ポロンナルワの20

始めに

本企画では、血統研究家としての視点から注目の一口クラブ募集馬について紹介する。

紹介馬は「私がその馬に出資したいか」を基準に選定している。「血統(配合)」が優れていることを大前提として、「募集価格」「厩舎」「生産・育成牧場」「測尺」などの要素から最終的な判断を下す。

なお、馬体関係の視覚情報については、基本的に気にしないこととしている。ウォーキング動画や1歳時点の立ち姿だけでその良し悪しを判断できるほど相馬眼が肥えておらず、下手に情報を追加するとノイズになりかねないためである。ご承知頂きたい。

今回はキャロットクラブ2021年度募集馬から、ポロンナルワの20を紹介する。私自身キャロットクラブに入会しているため、本企画で紹介する馬は応募予定馬である。読者諸賢に於いては、考察部分について参考にしつつ、私の抽選突破のためにどうか応募を控えて頂きたい。

基本情報

父:ダイワメジャー 母父:Rahy

厩舎:矢野英一(美浦) 生産:ノーザンファーム

募集価格:3,000万円(一口7.5万円)

考察

父ダイワメジャーは皐月賞を10人気で制覇。その後喉鳴りなどで勝ち切れない時期が続いたが、5歳秋に本格化。天皇賞(秋)・マイルCS・安田記念を制し、二年連続で最優秀短距離馬に選出された。

ダイワメジャー自身は、サンデーサイレンス×Northern DancerによるAlmahmoudの牝馬クロスと、Nothirdchance≒Beau Max(Bull Dog=Sir Gallahad、Baba Kenny≒Blue Larkspur、Man o’War)を根拠に、パワーとスピードを強調した配合。また、母父ノーザンテーストはLady Angela3×2の牝馬クロスを持つ主張の強い種牡馬で、それ単体で成長力と頑健さを子孫に強力に遺伝する。晩年のダイワメジャーの活躍はこの血の影響無くして説明できない。

種牡馬としても、2011年フレッシュリーディングサイアー獲得、その後も毎年リーディング上位と活躍。2015年にはディープインパクトを抜いて2歳リーディングサイアーとなるなど、特に2,3歳戦での好走が目立つ。産駒の中央GⅠ勝利は、「阪神JF2勝・朝日杯FS1勝・桜花賞1勝・NHKマイル3勝・高松宮記念1勝」と、その殆どが世代限定マイル戦。ノーザンテースト的成長力はそこまで伝えないが、2000㍍を上限とする距離適性と皐月賞を制した早熟性を産駒に伝え、POGでは外せない種牡馬となっている。

二代母シンハリーズは米GⅠデルマーオークス(T9F)制覇。繁殖としても優秀で、優駿牝馬制覇・桜花賞2着のシンハライトを始め、ラジオNIKKEI杯2歳Sを制したアダムスピーク、マーメイドSを制したリラヴァティなど、デビュー9頭全頭が勝ち上がり。本馬の母ポロンナルワは未出走だが、繁殖として2頭のOP馬を輩出している。

本馬の配合でまず目に付くのは、そのポロンナルワの「Glorious Song2×3」。加年度代表馬かつRahy・Singspiel・グランドオペラ(メイセイオペラの父)を輩出した名牝のクロスを持つポロンナルワは、Red God≒Halo的機動力を産駒に強く伝える名繁殖と言える。そこにダイワメジャーを配し、Halo≒Red God3×4×4×5。ノーザンテーストがHaloを引かないので、「4分の3Halo・4分の1異系」の好型となる。

「ダイワメジャー×Glorious Song」はアドマイヤマーズと共通し、勝馬率56.8%(21頭/31頭)の黄金配合。そもそもダイワメジャーのHalo強調は黄金配合の一つで、産駒の中央GⅠ勝馬6頭中4頭がHaloの直接クロスか「Halo≒Drone」「Halo≒Red God」の相似クロスを持つ。先日新潟2歳Sを制したセリフォスもHalo≒Red God3×6×6×5だ。本馬はもう一つのダイワメジャー黄金配合であるSadler’s Wells(アドマイヤマーズ・レシステンシア・メジャーエンブレムと共通)も引き、特にメジャーエンブレムとは、Sadler’s Wells・High Top・Blushing Groom・Herbagerなどが共通する。桜花賞までの牝馬王道路線で主役級の活躍を思い描ける素質馬だ。

矢野師はリーディング中~下位厩舎。クラブ相性は勝馬率57.1%(4頭/7頭)と悪くないが、一番の活躍馬がカフヴァール(1600万クラス)と大物は出ていない。ただし、過去預託馬は2,000万円未満の低価格帯のみ。3,000万円台は本馬が初なので一概に期待できないとも言えず、なんとも評価に困る入厩先となった。

総評

シーザリオの20と同様に、血統は抜群だが厩舎で考えさせられる一頭。逆に一般枠でのチャンスが生まれた可能性もあるので、ここは取り敢えず応募予定。脚元の弱い牝系なので、まずは無事に。

(追記)一次中間発表で上がってしまったので、おそらく一般枠ではノーチャンス~超低確率抽選の見込み。悩ましいがここは見送るのが賢明か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。