有馬記念血統予想2021

始めに

この記事では、血統研究家としての視点からGⅠレースの予想を公開する。血統予想家を名乗るつもりは毛頭ないが、それでも予想を公開するのは偏に自身の血統論の正しさを証明するためである。馬券は本命馬の複勝一点。馬券上手ではないので、敢えて私の本命馬を避ければおいしい馬券にありつける…かもしれない。

結論

「皐月賞は最も『速い馬』が勝つ」「ダービーは最も『運の良い馬』が勝つ」「菊花賞は最も『強い馬』が勝つ」。これは牡馬三冠競走に於いてしばしば取り沙汰される格言だが、秋古馬三冠競走に於いても通じるところがあるのではないかと考える。

天皇賞(秋)血統予想2021-Hyperion最強

秋古馬三冠最終戦の有馬記念は、牡馬三冠最終戦の菊花賞と同じく『強い馬』であることが求められるレース。二度の急坂直線・コーナー6つの2500㍍という非主流コースにより、タフな馬力勝負に対応する真の強さが必要となる。

◎クロノジェネシスとする。ラスティックベル牝系で、二代母インディスユニゾンはフサイチエアデールと同血、母クロノロジストはフサイチリシャールと同血。半姉ノームコア。代々スピードとパワー偏重の米血を重ねたがスタミナと底力に欠ける母に、凱旋門賞馬のバゴを配してRed God≒Halo4×5×4。スピード・パワー・スタミナ・底力・機動力といった全ての要素が高レベルで発現した本格派中距離馬。デビュー時440㌔、オークス時432㌔の小柄な馬体から、一夏を越え452㌔(+20)で突き抜けた秋華賞は、Hyperion的成長曲線のそれである。4歳春に本格化を迎え、馬体も欧州的にパンプアップ。3-4角から追い上げて後続を寄せ付けない横綱競馬を信条に、464㌔(+10)で20宝塚記念、474㌔(+10)で20有馬記念、478㌔(+4)で21宝塚記念を制し、牝馬として史上初のグランプリ三連覇を達成した。今回は凱旋門賞(7着)帰りで陣営のトーンは上がり切らないが、調教後馬体重は過去最高の488㌔をマーク。今なお成長を続ける本馬は、当ブログタイトルである『Hyperion最強』に他ならない。

キタサンブラック、リスグラシュー、そしてクロノジェネシス。現役最強の称号は移ろうが、直線で叫ぶ言葉は、いつの時代も『Hyperion最強』。それこそがグランプリレース、それこそが私の血統観なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。