阪神JF血統予想2021

始めに

この記事では、血統研究家としての視点からGⅠレースの予想を公開する。血統予想家を名乗るつもりは毛頭ないが、それでも予想を公開するのは偏に自身の血統論の正しさを証明するためである。馬券は本命馬の複勝一点。馬券上手ではないので、敢えて私の本命馬を避ければおいしい馬券にありつける…かもしれない。

レース概要

阪神芝1600㍍(外)で行われる、2歳女王決定戦。向正面半ばからのスタート。 緩い4角半ば残り3F地点から下り始め473.6㍍(Aコース)の急坂直線を駆け上がるコースレイアウト。

コース形態通り、「スローからのよーいドン」な上がり3F勝負になりやすい。

前週にBコースに替わり、内の傷みはある程度カバー。ただし超ロングラン開催の影響から決して良いコンディションとは言えず、直線内ラチから4-5頭分は伸びにくい印象。

前哨戦考察

アルテミスS(東京芝1600㍍)

レースラップ

12.311.011.912.012.011.611.511.7(1.34.0)

出走登録馬成績

1着サークルオブライフ(7人気)、2着ベルクレスタ(2人気)、4着シンシアウィッシュ(4人気)

所見

晴れの良馬場での開催。前半800㍍47.2前後半差+0.4のミドルペース。内枠3頭が競り合う形からボンクラージュがハナを奪い切って単騎逃げ。直線三番手から抜け出しを図ったベルクレスタを、サークルオブライフが後方から上がり最速33.5の末脚でクビ差差し切り優勝。

ファンタジーS(阪神芝1400㍍)

レースラップ

12.311.011.111.511.511.712.0(1.21.1)

出走登録馬成績

1着ウォーターナビレラ(2人気)、2着ナムラクレア(1人気)、5着アネゴハダ(6人気)

所見

曇りの良馬場での開催。前半800㍍45.9前後半差-0.8のミドルハイペース。ナムラデイリリーの単騎逃げ。直線人気2頭の叩き合いをウォーターナビレラが4分の3馬身差制して優勝。

注目馬血統解説

ウォーターナビレラ

Halo≒Sir Ivor4×6×4×5、Lyphard5×4、Roberto4×5の父母相似配合。高速ピッチの機動力型短めマイラー

ステルナティーア

母ラルケットは中央4勝(芝1400-1800㍍)。全兄ステルヴィオロードカナロア×Fairy Kingは勝馬率53.6%(15頭/28頭)。二代母アズサユミの部分にNorthern Dancerを引かない「4分の3ND・4分の1異系」配合。Nasrullah×Hyperion的重厚ストライドの本格派マイラー

サークルオブライフ

Great Lady M.牝系。母シーブリーズライフは中央3勝(芝1200-1400㍍)。母のHalo3×4、Caerleon3×4を、サンデーサイレンス4×3(Halo5×4×5)、Nijinsky6×5×6で重ねる形。中距離(父)×短距離(母)の配合が上手く出た、Nijinsky的胴長体型の瞬発力型長めマイラー

ナミュール

キョウエイマーチ牝系。母サンブルエミューズは中央3勝(芝1200-1600㍍)で、マルシュロレーヌの半姉。Northern Dancer5×5×6×7×5×6×6(14.84%)の早熟高速マイラー

ベルクレスタ

母ベルアリュールⅡはヴァントー賞(仏GⅢ・T9F)制覇。半姉アドマイヤリードキングカメハメハ系×Numerous=ジェイドロバリーはレッツゴードンキと共通し、勝馬率52.4%(22頭/42頭)。仏血脈的に重厚にキレる本格派マイラー

結論

牝馬クラシック路線で施行される重賞の距離内訳は、1400㍍2レース・1600㍍5レース・1800㍍1レース・2000㍍1レース・2400㍍1レース。マイル戦で淘汰され、選び抜かれた才媛がその天賦のスピードを比べるのが牝馬クラシックである。2歳女王決定戦であるこのレースに関しても来年を見据え、天賦のスピード、言うなればGⅠ級の素質を感じさせる『ハッとする脚』を見せたマイラーに本命を打ちたい。

◎ステルナティーアとする。今年の新馬戦で『ハッとする脚』を見せた牝馬は、ルージュスティリア、アストロフィライト、そして本馬の3頭。上がり最速32.7で3馬身差という数字は勿論のこと、持ったまま先頭に並びかけ、追い出してからラスト1Fで突き放すレースぶりからは、明らかに一頭抜けた素質を感じた。更には下した相手の内3頭が次走で勝ち上がっているのだから、その素質に疑いはない。新馬戦・サウジアラビアRCは、いずれも1000㍍通過62秒後半という、どスローからの上がり勝負。着順としては1着→2着と何の不満もないが、前走掛かり気味に追走していた様を見るに、本馬にとってそのようなペースは決して望ましいものではない。パーソナルハイや距離延長の先行組によるハイラップが予想される今回こそ、本馬の真骨頂を見ることができるのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。