菊花賞血統予想2021

始めに

この記事では、血統研究家としての視点からGⅠレースの予想を公開する。血統予想家を名乗るつもりは毛頭ないが、それでも予想を公開するのは偏に自身の血統論の正しさを証明するためである。馬券は本命馬の複勝一点。馬券上手ではないので、敢えて私の本命馬を避ければおいしい馬券にありつける…かもしれない。

レース概要

例年京都芝3000㍍(外)で行われる、牡馬三冠最終戦。今年は改修工事のため阪神芝3000㍍(内)での代替開催となる。向正面入口からスタートし、内回りコースを1周半。鋭角の3角半ば残り4F地点から下り始め356.5㍍(Aコース)の急坂直線を駆け上がるコースレイアウト。

因みに外回りコースは、緩い4角半ば残り3F地点から下り始め、473.6㍍(Aコース)の急坂直線なので、同じ阪神コースと言えどその性質は大きく異なる。例年の京都芝3000㍍(外)と比較すると、内回りコースかつ直線急坂の存在から、より機動力馬力を求められるコースだと言える。

「菊花賞はマイラーでも馬券になる」という意見も見られるが個人的には懐疑的。中距離戦を主流とする日本競馬に於ける世代限定戦なので「強い中距離馬≧ステイヤー」くらいの評価が妥当だろう。

前哨戦考察

セントライト記念(中山芝2200㍍)

レースラップ

12.3-11.8-12.2-12.2-12.0-12.2-12.2-12.0-11.5-11.7-12.2

出走登録馬成績

1着アサマノイタズラ(9人気)、3着オーソクレース(5人気)、5着ヴィクティファルス(7人気)、9着グラティアス(3人気)、11着ワールドリバイバル(13人気)、13着タイトルホルダー(1人気)

所見

晴れの良馬場での開催。外からワールドリバイバルが強引にハナを取り切り、前半1000㍍は1.00.5。3-4角で馬群が詰まり、全馬一団のゴチャついた状態で直線に。前後半差は+0.9、スローからの捲り合いを、後出しで最後方から追い込んだアサマノイタズラが差し切り優勝。1番人気タイトルホルダーは、マイペースに持ち込めず直線ドン詰まりと見せ場なしの結果に終わった。

神戸新聞杯(中京芝2200㍍)

レースラップ

13.1-11.4-12.5-13.6-13.2-12.8-12.5-12.4-11.9-12.2-12.4

出走登録馬成績

1着ステラヴェローチェ(2人気)、2着レッドジェネシス(5人気)、3着モンテディオ(8人気)、7着セファーラジエル(6人気)

所見

雨の不良馬場での開催。出鞭を入れたテイエムタツマキが主張して、前半1000㍍は1.03.8。道悪で殆どの馬が伸びあぐねる中、レッドジェネシスが内から抜け出したところを、外から内に切り替えたステラヴェローチェが併せる形で追込み叩き合いを制した。前後半差は+2.4、単なる道悪巧者のワンツーとも捉えられるが、タフな条件に強い2頭が実力を発揮したとも言える。

注目馬血統解説

ステラヴェローチェ

母オーマイベイビーはゴスホークケンの半妹。Height of Fashion≒Burghclere3×4と中距離×中距離の配合でスタミナに振れているが、二代母父Grand Slamのマイラーっぽさも発現。朝日杯FS2着→皐月賞3着→東京優駿3着から、世代最上位の地力であることは疑いようが無く、オールラウンドな本格派中距離馬。この距離もベストではないが無理なくこなせる範囲。実績通り道悪の鬼で、雨が降れば鉄板級。

オーソクレース

キャサリーンパー牝系。母マリアライトはエリザベス女王杯・宝塚記念制覇。エピファネイア×ディープインパクト×Sadler’s Wellsはアリストテレスと共通し、勝馬率71.4%(4頭/7頭)。中距離×中距離配合の緩慢さをSadler’s Wells4×5で締めた本格派中長距離馬。故障長欠明けの前哨戦では3着と復調をアピール。例年の京都開催であればドンピシャの適性だが、阪神替わりがどうでるか。

レッドジェネシス

二代母Luckyは英2000ギニー馬King of Kingsの全妹で、自身は愛GⅢアサシS(芝7F)制覇。ディープインパクト×Storm Catはコントレイル・ラヴズオンリーユー等と共通し、勝馬率66.7%(120頭/180頭)。この配合に加え三代母父Habitatなので、しなやかストライド型に出そうなものだが、頭が高くジリ脚とSadler’s Wellsの主張が強い持続力型中長距離馬。舞台適性はメンバー上位、あとは地力がどこまでか。

タイトルホルダー

母メーヴェは中央5勝(芝1800-2600㍍・ダート1200㍍)。Nureyev≒Sadler’s Wells、Gone West、Sharpen Up、Shirley Heightsはそれぞれドゥラメンテと好相性。5台血統表の殆どを中距離馬とHyperionで塗り固められた持続力型ステイヤー。2歳時から重賞でも好走を続けてきたが、本来この配合であれば本格化は古馬になってから。前走大敗の理由は明白。本番で真価が問われる。

アサマノイタズラ

母ハイタッチクイーンは中央3勝(芝1800-2000㍍)。Halo4×5×4らしく小脚の利く短め中距離馬。前哨戦は周りが早めに仕掛けゴチャつくのを尻目に直線外から差し切った。例年と異なる小回りでの開催は願ってもないが、地力的にも距離適性的にも展開待ちか。

結論

皐月賞馬・ダービー馬不在の三冠最終戦。距離適性と地力を踏まえると、GⅠ連対実績を持つ3頭による三つ巴の戦いだろう。今年のクラシック本命馬を振り返ると、皐月賞は◎ステラヴェローチェ、ダービーは◎タイトルホルダー。2頭とも当然地力を高く評価しているし、思い入れも強い。

だが、ここは◎オーソクレースを推す。今世代の新馬戦で最も衝撃を受けたのが20年08月09日札幌5R。殆ど仕上がっていない緩い馬体、少頭数とはいえエピファネイア産駒にとって鬼門の最内枠、更にはタイミングが合わず出遅れ。そんな条件をものともせず、4角で外に持ち出すと、上がり最速33.9の末脚で差し切ったのがオーソクレースだった。その後のアイビーS・ホープフルSでは、直線で全開のパフォーマンスを見せられないながらも好走。春クラシックでの活躍が期待されたが、歩様の乱れから皐月賞を回避し、骨折判明により春全休の憂き目にあった。前走セントライト記念は9ヶ月長欠明けで3着。世代最高レベルの素質の片鱗を覗かせつつも、現在に至るまで底を見せていないのが魅力だ。今回も内回りと決してベスト条件では無いが、念願の大外枠を確保。度重なるアクシデントに見舞われながらも、最後の一冠に全力を注いだ陣営と本馬に敬意を込めて一番重い印を打ちたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。