秋華賞血統予想2021

始めに

この記事では、血統研究家としての視点からGⅠレースの予想を公開する。血統予想家を名乗るつもりは毛頭ないが、それでも予想を公開するのは偏に自身の血統論の正しさを証明するためである。馬券は本命馬の複勝一点。馬券上手ではないので、敢えて私の本命馬を避ければおいしい馬券にありつける…かもしれない。

※データ・画像引用:TARGET frontier JV

レース概要

例年京都芝2000㍍(内)で行われる、牝馬三冠最終戦。今年は改修工事のため阪神芝2000㍍(内)での代替開催となる。直線坂下からのスタート。道中の起伏はほぼ無いが、鋭角の3角半ば残り4F地点から下り始め356.5㍍(Aコース)の急坂直線を駆け上がるコースレイアウト。

因みに外回りコースは、緩い4角半ば残り3F地点から下り始め、473.6㍍(Aコース)の急坂直線なので、同じ阪神コースと言えどその性質は大きく異なる。例年の京都芝2000㍍(内)と比較すると、内回りで機動力が求められる点は同様。ただし直線急坂を二度越えるレイアウトから、より馬力を求められるコースだと言える。

中3ヶ月の開催2週目ということで馬場状態も良いが、週中の雨予報は気掛かり。金曜時点の馬場情報や土曜の結果を待ちたいところ。

前哨戦考察

優駿牝馬(東京芝2400㍍)

レースラップ

12.5-11.1-11.8-12.3-12.2-12.6-12.6-12.4-12.1-11.3-11.7-11.9

出走登録馬成績

1着ユーバーレーベン(3人気)、2着アカイトリノムスメ(2人気)、4着タガノパッション(10人気)、5着アールドヴィーヴル(7人気)、8着ソダシ(1人気)、9着スルーセブンシーズ(9人気)、11着ファインルージュ(4人気)、12着スライリー(15人気)、13着ステラリア(5人気)、14着クールキャット(6人気)、18着エンスージアズム(14人気)

所見

晴れの良馬場での開催。確たる逃げ馬不在の中、クールキャットと掛かり気味のステラリアがペースを刻み、前半1000㍍は59.9。道中も極端に緩まず馬群一団のまま展開し、直線で中団外から追い上げたユーバーレーベンが優勝。前後半差は+0.5、中団~後方の差し追込馬が掲示板を独占した前潰れの決着となった。上がり最速が34.2(4着タガノパッション)、中距離もこなせるマイラーのソダシ・ファインルージュが沈んだという点からも分かるように、この時期の牝馬限定戦としては非常にタフなレース、真っ当な2400㍍のレースだったと言えよう。

紫苑S(中山芝2000㍍)

レースラップ

12.2-11.1-12.0-11.9-12.5-11.9-11.8-11.8-11.4-11.6

出走登録馬成績

1着ファインルージュ(2人気)、2着スルーセブンシーズ(4人気)、3着ミスフィガロ(12人気)、13着ホウオウイクセル(9人気)、14着エイシンチラー(5人気)、15着スライリー(10人気)

所見

晴れの良馬場での開催。アビッグチアが馬群を引っ張り、前半1000㍍は59.7。3角から押し上げたファインルージュが直線悠々抜け出す横綱競馬で完勝。前後半差は+1.2、緩い流れで運べばこの距離でも通用することを証明した。勝ち馬以外に目立つ馬はいなかったが、強いて言えば大出遅れホウオウイクセルの着順は度外視で良い(当然上がり最速33.4も額面通り受け取ってはいけないが)。

ローズS(中京芝2000㍍)

レースラップ

13.1-10.9-12.3-12.7-12.2-12.0-12.2-11.6-11.3-11.7

出走登録馬成績

1着アンドヴァラナウト(4人気)、2着エイシンヒテン(12人気)、3着アールドヴィーヴル(1人気)、7着エンスージアズム(13人気)、11着クールキャット(3人気)、12着タガノパッション(2人気)

所見

曇りの良馬場での開催。エイシンヒテンが抜群のスタートから単騎で逃げて、前半1000㍍は1.01.2。直線で中団外目から抜け出したアンドヴァラナウトが豪快なストライドで差し切り。前後半差+2.4の上がりの競馬を制した。人気に推されたオークス出走組が期待を裏切る形になったのは、レースラップを見れば当然の結果だろう。

注目馬血統解説

ソダシ

シラユキヒメ牝系。母ブチコは中央4勝(ダート1800㍍)。牝系の活躍馬はダートに偏るが、本馬は芝で大活躍。完成度の高さから無傷の5連勝で桜花賞制覇。優駿牝馬は距離や展開の影響で初めて崩れたが、前走札幌記念では軽斤量を活かして歳上GⅠ馬を完封。血統研究家として芝GⅠで本命を打つことは今後も無いが、能力の高さは認めざるを得ない。高速時計向きの長めマイラー

アカイトリノムスメ

母アパパネはGⅠ5勝の三冠牝馬ディープインパクト×キングカメハメハはワグネリアン・デニムアンドルビーと共通し、勝馬率72.5%(29頭/40頭)。全兄3頭と比較して父のしなやかさと母の機動力が発現しており、弱点の少ない短め中距離馬。GⅠ馬の器かと問われると何とも答えづらいが、世代最上位クラスの地力であることは間違いない。

ユーバーレーベン

二代母マイネヌーヴェルはフラワーC制覇。半兄にマイネルファンロン。ゴールドシップ×ロージズインメイは勝馬率60.0%(6頭/10頭)。中距離×中距離の配合で、持続力に長けた長め中距離馬。時計に限界のあるタイプで、この舞台なら一雨欲しい。

ファインルージュ

母パシオンルージュは中央3勝(芝1000㍍・ダート1200㍍)。キズナ×ボストンハーバーは勝馬率100.0%(4頭/4頭)。中距離馬×スプリンターの配合で、高速時計向きの純マイラー。前哨戦を完勝して世代上位のスピードを見せつけたが、母父ボストンハーバーの軽さが強いので、中距離GⅠで重い印を打つのは躊躇われる。

アンドヴァラナウト

エアグルーヴ牝系。母グルヴェイグはマーメイドS制覇。キングカメハメハ系×エアグルーヴ牝系はドゥラメンテ・ルーラーシップと共通し、勝馬率87.0%(20頭/23頭)。配合は大箱向き中距離馬だが、行きたがる気性からマイルを使い3戦目で初勝利。夏を越えて気性面が成長し、前哨戦を正攻法の競馬で快勝。ここに来ての充実度はメンバー随一。

結論

阪神は土曜開催後から日曜開催直前まで雨模様。それ以降は降り止む予報ではあるが、少なくともパンパンの良馬場まで回復する見込みは少なく、高速決着の線は消して考えたい

想定される先団の隊列は、⑤エイシンヒテンの逃げ、番手に④ソダシが構えて、②ステラリア・⑦サルファーコスモス・⑨アンドヴァラナウト・⑫アカイトリノムスメ・⑭ファインルージュ…といったところ。エイシンヒテンがハイペースで飛ばすことは考えにくく、ソダシとしては好位でやりたいようにやれる並び。ただしそう簡単に人気馬を行かせる訳もなく、ユーバーレーベンが向正面から捲り、アカイトリノムスメやファインルージュが3-4角早めから動く、持続力勝負の展開と予想する。

以上より◎ステラリアとする。母ポリネイターは英GⅡメイヒルS(芝8F)制覇。Gone WestやBluebirdでStorm Catを刺激したキズナ産駒の正統派配合で、母父Motivatorらしく持続力に富んだ中距離馬。マイル以下を使い続けたことで勝ち上がりには時間を要したが、距離延長の忘れな草賞ではエイシンヒテンの作るペースを完勝。ユーバーレーベンと併せて優駿牝馬では高い評価を与えたが、大外枠から掛かり気味に先行して13着大敗に終わった。今回は偶数最内の絶好枠を確保。掛かりさえしなければ3,4番手のインで溜めて、直線内からしぶとく抜け出す競馬が出来そうだ。素質だけで言えばこのオッズで買える馬ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。