エリザベス女王杯血統予想2021

始めに

この記事では、血統研究家としての視点からGⅠレースの予想を公開する。血統予想家を名乗るつもりは毛頭ないが、それでも予想を公開するのは偏に自身の血統論の正しさを証明するためである。馬券は本命馬の複勝一点。馬券上手ではないので、敢えて私の本命馬を避ければおいしい馬券にありつける…かもしれない。

レース概要

例年京都芝2200㍍(外)で行われる、秋の古牝馬王者決定戦。昨年に引き続き、改修工事のため阪神芝2200㍍(内)での代替開催となる。4角ポケットからのスタート。鋭角の3角半ば残り4F地点から下り始め356.5㍍(Aコース)の急坂直線を駆け上がるコースレイアウト。

因みに外回りコースは、緩い4角半ば残り3F地点から下り始め、473.6㍍(Aコース)の急坂直線なので、同じ阪神コースと言えどその性質は大きく異なる。例年の京都芝2200㍍(外)と比較すると、内回りコースかつ直線急坂の存在から、より機動力馬力を求められるコースだと言える。

5回開催はコース替わりが無いので、4回開催の傷みをそのまま引き継ぐ形となる。前週時点で特に内回り3-4角の傷みが強く、適度に時計のかかるタフな馬場での開催となりそうだ。

前哨戦考察

オールカマー(中山芝2200㍍)

レースラップ

12.6-11.112.412.212.412.112.011.811.511.712.1

出走登録馬成績

1着ウインマリリン(2人気)、2着ウインキートス(5人気)、4着レイパパレ(1人気)、7着ランブリングアレー(4人気)、10着ロザムール(9人気)

所見

曇りの良馬場での開催。ロザムールが内に切り込みながらハナを奪い、前半1000㍍は1.00.7。外回りの下りでペースが上がり、前後半差は+1.6。先に抜け出した6枠2頭を、道中インで溜めた1枠2頭が差し切った。勝ち馬ウインマリリンは、直線内から外に切り返すロスがありながらの1馬身半差完勝。1人気レイパパレは、スローペースの中我慢が利いていたように見えたが、最後は上位3頭に伸び負ける形になった。

新潟牝馬S(新潟芝2200㍍)

レースラップ

13.1-11.611.412.3-13.2-12.7-12.8-12.512.311.611.8

出走登録馬成績

2着ソフトフルート(2人気)、3着ムジカ(3人気)、6着リュヌルージュ(7人気)、7着エアジーン(6人気)

所見

晴れの稍重馬場での開催。リュヌルージュが緩めて逃げて、前半1000㍍は1.01.6。4角ではほぼ馬群一団になり、前後半差は+0.6。スローからの上がりの競馬で人気3頭の決着となった。本番とは距離こそ同じだが、コース・展開・レベルから考えれば、本番に繋がるレースとは言えない。

注目馬血統解説

アカイトリノムスメ

母アパパネはGⅠ5勝の三冠牝馬。ディープインパクト×キングカメハメハはワグネリアン・デニムアンドルビーと共通し、勝馬率72.5%(29頭/40頭)。全兄3頭と比較して父のしなやかさと母の機動力が発現しており、弱点の少ない本格派中距離馬。「世代最上位の地力だが、GⅠ馬の器かと問われると何とも答えづらい」と評価したが、秋華賞は王道の競馬で押し切り優勝。ここでも大崩れは考えにくい。

レイパパレ

母シェルズレイは中央3勝(芝1600-1800㍍)でチューリップ賞・ローズS2着。全兄にシャイニングレイディープインパクト×French Deputyはショウナンパンドラ・マカヒキ等と共通し、勝馬率78.0%(71頭/91頭)。馬格は無いが、馬力とスピード兼備の機動力型中距離馬。反面スタミナにはやや不安あり。ハイペースで逃げる競馬をしたいところだが、この距離で果たして。

ウインマリリン

半兄にウインマーレライ。Danzig4×4、Halo4×5の機動力型中距離馬。古馬になって初戦のAJCCこそ揮わなかったものの、日経賞1着→天皇賞(春)5着→オールカマー1着と本格化。昨年の同舞台では強豪古馬相手に4着と健闘。今年は相手関係も一枚落ちるので、前進に期待できる。

ウインキートス

母イクスキューズはクイーンC制覇。母父ボストンハーバーの軽いスピードで先行して、父ゴールドシップのスタミナで粘る、平坦向き中距離馬。目黒記念はどスローの競馬で、後続を離した番手追走から抜け出し初重賞制覇。前走オールカマーは最内をロスなく回って2着。成長しているのは間違いないが、重賞で勝ち負けするには展開の助けが必要。初GⅠでどこまでやれるか。

テルツェット

Miesque牝系。母ラッドルチェンドはリアルスティール・ラヴズオンリーユーの半姉。ディープインパクト×Storm Catはコントレイル・ダノンキングリー等と共通し、勝馬率66.3%(122頭/184頭)。馬格は無いが、適度に締まりの利いた高速マイラー。3歳夏から4歳春にかけて4連勝で重賞制覇。良血馬が完成の域に達しつつあるが、ここは距離と初の関西遠征が鬼門か。

結論

近年のメンバーと比較すると、格落ち感が否めない今年のエリザベス女王杯。頭一つ抜けた地力だが距離不安の残るレイパパレ、秋華賞を制したが器用貧乏感の拭えないアカイトリノムスメ。実績・適性申し分無く、人馬共に充実一途のウインマリリンが狙いやすいが、GⅠ馬としての配合的根拠に欠けるのも事実である。

迷った時は前哨戦の本命馬から。オールカマー本命のランブリングアレー、府中牝馬S本命のデゼル、秋華賞本命のステラリア。

一長一短だが、◎ステラリアでもう一度振り回したい。母ポリネイターは英GⅡメイヒルS(芝8F)制覇。Gone WestやBluebirdでStorm Catを刺激したキズナ正統派配合で、母父Motivatorらしい持続力型中距離馬。オークスでは掛かり気味に先行して13着大敗。秋華賞ではスタート出負けのロスを取り返せず、最後方大外から上がり2位で追い込むも6着。展開不利を乗り越えるだけの力が無いのは事実だが、それにしても勿体ない競馬が続く。前走を踏まえれば、先行意識の強い鞍上松山への乗り替わりはプラス要素。絶賛活躍中の3歳世代でも屈指の素質馬と評価してきた馬なだけに、この程度で終わるとは思いたくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。